信用調査の相談や依頼を考えている企業や個人の方必見!

企業と個人の信用調査

信用調査について紹介しているが、こちらでもう少し説明しよう。信用調査は取引を新規で行う際の、企業に対しての企業信用調査(企業調査)のことを指している場合が多いものであるが、既に取引を行っている場合や個人などの場合でも信用調査を行うことは可能。疑念に対する真偽を調査したりして様々な不安を一掃し、より確実で安心のある取引が行えるように信用調査を利用しているようだ。信用を調査する調査会社はその職業がら24時間の無料相談を受け付けているところが多いのが特徴。

信用調査は大きく分けると企業に対しての信用調査と個人に対しての信用調査の二つがある。

企業の信用調査

企業の信用調査は対象の企業の信用や経営についての情報などを確認するための調査である。社員を始め、他社の動向などを調査して、相手会社に対して不利益な取引になってしまわないように信用などを調査していく。

会社の経営情報や財務などの情報
雇用人材の経済情報
ヘッドハンティング、中途採用する人材の情報
取引先の借金の有無についてや財務情報

企業の信用調査については別のページで紹介しています→企業の信用調査

個人の信用調査

個人に対しての信用調査というのは、対象となる人物の信用について調査で、借金を抱えていないかどうか、信用、人物についての情報を確認する。

家族の経済状況や資産などの情報
金銭、貸借に関する情報
友人や知人からの信用情報

個人の信用調査については別のページで紹介しています→個人の信用調査

信用調査を行う

信用調査は企業、個人の信用に関する情報を調査するものということだが、では、この信用調査がどういう用途で行われるのかを紹介。

新規企業取引の際の通常信用調査、既取引企業の定期信用調査、既取引企業とのトラブル時の調査、M&Aの事前調査、FC加盟店調査、FC母体企業の調査、代理店加盟調査、テナント入居者調査、入居ビル経営企業調査、不動産売買時調査、ゴルフ会員権調査、個人の信用調査他

信用調査の調査内容

企業、個人の信用を調査するにあたって、対象のどういうことを調べるのかについて、調査する内容についてを紹介しよう。

組織(商号・所在地・代表者・資本金・設立・目的・決算・株主・役員・背後関係)、沿革、設備、従業員、営業実績(販売先・仕入先・取引状況・銀行関係・金融関係・資金繰り・将来性)、業界内信用度、風評、代表者(経歴・性格・交友関係・資産状況・生活状況)などの調査を実施します。

Valuable information

ダイビングスクール 和歌山

2016/1/21 更新